福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

日本海スタイル

好物の梨を食べたらお腹を壊しました。

 

10月3日の福井新聞さんに掲載されました。

お題は日本海スタイルの特集記事1回目。

 

 

日本海側は朝鮮半島から近いため文化の窓口になっていました。

1500年前というと古墳時代

その時代から越前漆器、越前和紙の伝統は脈々と継承されています。

 

日本海側の四季ははっきりしています。

冬は雪が降り、夏は湿気があり蒸し暑いです。

湿度が高く、降水も多いので水源も豊かです。

綺麗な水が必要な米、酒、水産物など食べ物も豊富です。

 

食べ物が美味しく

湿気が多いので肌が乾燥しにくく

曇りや天気が悪い日が多いので日照時間が少ないです。

色白で肌が細やかになりやすい風土なので

美人が多いと言われるのがそのせいだと勝手に思っております。笑

あ、あと温泉が多いのも。。

 

話はそれましたが、日本海側10社の新聞が共同し

日本海スタイル」という特集を始めました。

経済の中心は今もこれからも太平洋側だと思いますが

日本海側は心が豊かになるエリアだと思います。

モノづくり、人づくり、文化づくりにはいい環境です。

この企画を通じて日本海側の良さを知ってもらいたいですね。

 

これからはインターネットで遠隔で仕事ができるので

生活は日本海側でサテライトオフィスがもっと増えるといいですね。