福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

カバンのまち兵庫県豊岡×めがねのまち鯖江 連携企画①

9月3日(日)に兵庫県豊岡からカバンストリート実行委員長さまたちがメガネストリート視察に来られました。お休みなのにありがとうございます。

鯖江サイドは財政課さま、福井信用金庫さまがご対応いただきました。

お休みのところありがとうございました。

 

実際に歩いてみました。

福井新聞さんも取材に来ていただきました。

お休みのところありがとうございます。

 

豊岡サイドのご意見だと「鯖江は民間と行政の連携が羨ましい」と言われました。

確かに民間だけだと市道は触れないし、行政だけだとユニークな取り組みは難しい面もあります。

こうやってうまくミックスしているのは大変興味深いそうです。

さらにメガネストリートに面している福井信用金庫が私費で壁面やガラスに「めがねのまちさばえ」をPRしている。

福井新聞さんに掲載いただきました。

 

この取り組みの特徴は、民間×民間 行政×行政 銀行×銀行 が連携できていける可能性があること。

最初は民間×民間から大きな渦になって新しい化学反応があちこちで起きてきていること。

「メガネーランド構想」がきっかけで産地に新しい波を起こせているのかなと思い非常に感慨深いです。

 

あとは形になるような実績やみんながメリットを生み出す仕組みを少しずつ作れていけたらいいなと思っております。