福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

鯖江丹南高校さまにてお話しさせていただきました。

メガネフェス、展示会などが終わり落ち着きを取り戻しつつあります。

 

去る5月30日

丹南高校の選択科目で”メガネを作る”という授業があります。

特別講師としてお招きいただきました。

 

 

そんな授業があるなんて”メガネのまちさばえ”らしいですね

 

私は「メガネを使った新しい取り組み」ということで呼ばれました。

 

自己紹介から始まり

 

①「メガネ材料」

プラスチックメガネの原材料は綿花由来樹脂で自然素材由来です。

動画を見て綿花や綿花を粉砕したパウダーなど現物拝見

 

②メガネ材料、技術を使ったものづくり

アクセサリー、鯖江耳かき、メンズアクセサリーなど現物拝見

 

③メガネを使ったまちづくり

鯖江をメガネを使ったテーマパークにすべく「メガネーランド構想」を話しました

 

④メガネの未来

メガネ型のデバイスが近い将来普及するだろうということ

 

 

福井・鯖江はメガネだけでなくメガネを作れる素晴らしい技術が集積している地域。

日本製造シェア96%を誇る鯖江しかできないメガネという資産の有効活用など。

 

メガネは昔の人の視界にイノベーションを起こしたように

次はメガネ型をしたスマホになるんだと、メガネが引き起こす楽しい未来も話しました。

 

来年も呼んでいただけるようで、それまでに私も新しい取り組みを発表できるように動いていきたいです。

鯖江を変えるのは子供達、いかに若い世代に知ってもらうことが重要です。