福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

有田焼と福井の伝統的工芸品

実は、有田焼こと佐賀県と我ら「福井7人の工芸サムライ」は
昨年、「日本の伝統的工芸品の産地と佐賀県の有田焼職人との人的交流」という
佐賀県が主宰する企画で交流がありました。

具体的には佐賀県から2名の有田焼職人と東京からコーディネーター1名、佐賀県庁2名の方が福井にある7つの国指定伝統的工芸品の職人のもとを訪れ、
現場視察と意見交換など交流をしました。
逆に2015年7月には全国から職人が有田にも集結しました。
 
 
各産地の課題はほぼ共通することで
「後継者問題」「売り上げ確保」「新商品開発」「材料確保」などがありました。
日本内で脚の引っ張り合いをしている場合でなく
各産地が協力して日本丸を盛り上げていこうと意識が芽生えました。
 
有田焼の皆さんが東京ビッグサイトに集結するとのことで
私も久しぶりに皆さんと会えると思い有田焼のブースに訪れました。
 
{78049806-4823-45F0-91F2-B008B2A76D32}

 

6月1、2、3日と東京ビッグサイトで開催された

インテリアライフスタイル展でnipponsannのブースで有田焼出展の様子

 

{5E9F07DC-D5F8-4874-9998-448F0A520F53}

 

精錬されたブースでした

 

{3BA89EA8-65D4-4C4B-BF8C-4D50980D4CB1}
 
福井に来ていただいた職人もブースに来ていただいた
お客さんに商品の説明をしています。
 
半年ぶりの再会でしたがお会いした職人たちは元気そうで
SNSなどの交流は今でも続いているので
距離は離れていてもなぜか遠い気がしない不思議な感じでした。笑
 
越前実機、越前和紙、越前焼、越前打刃物、若狭塗、若狭メノウ細工、越前タンスの若手職人グループです。