福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

あらたな一歩

【7人の侍・国指定の7つの福井伝統工芸】

伝統工芸

6人が揃い 残すは「若狭漆器」のみとなりました。

職人の飯の種は自分で作ったものを自分で販売するというスタイルになっている。
具体的には百貨店の催事に呼ばれて店頭に立つという。

その間は工場が止まるから大量生産はできないし
どうしても1点ものの高価なものを直販することで利益を確保している。
当然生産に拘束されるし、販売にも拘束される。

世の中には日本の良いものを欲しいという人もいる。
そんな人にこんな素晴らしい伝統や技術があることを伝えていけたらと思う。