福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

デザイナーのお仕事

奇抜


デザイナーって以前までは奇抜なファッションに身を包んで個性的なファッションを企画販売するようなイメージでした。

しかし異業種の仕事をするようになり色々なデザイナーさんと接する機会が増えてきて
おのおのの得意分野というか個性の違いを顕著に感じます。


例えば、、、 クライアントが ’’◯という商品を作りたい’’ とする。


A社 デザインを数点提示して終わり。
B社 デザインして【商品+パッケージ】まで試作を作ってくれる。
C社 ◯よりも△の方がより特徴を出せるとアドバイスし デザインする。
D社 デザインして自らデザインしたものも販売してくれる。

と色々の特徴をもっている。


Aはデザインしたものが売れようが売れまいが関係無し。
Bは製造側が気づかなった構造やパッケージの見せ方など大変参考になる。
Cは製造側のマーケティングの弱さを補ってくれる。
Dは製造側は ’’自分たちの商品は売れるんだ’’ と自覚出来る。


製造側は 売上を作りたい が最終目標なので④が一番良い。

今やデザイナーの仕事も’’これしかできない’’とかA社のような
ノーリスクな仕事をしていたら淘汰されてしまうのではないかと言いたい。

特に異業種に転換しようとしている製造者は子供なんです。
デザイナーは敏感で常に市場の動きを勉強されているので先生となって製造側を指導して頂けたらと思います。


何をしたらいいか分からない製造社はまず親身になって、
まるで自分の商品のように考えてくれるデザイナーさんを探しましょう。