福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

鯖江にあるメガネストリートができるまで

めがねのまち鯖江にあるメガネストリート 今回は、鯖江のメガネストリートができるまでの秘話を紹介します。 めがねのまち鯖江にあるメガネストリート メガネストリートができる前は、ただの市道でした メガネストリート始動、メディア掲載されました メガネ…

”めがねのまちさばえ”のまちづくりブランディング

めがねのまちさばえが掲げる街づくり 今回は、地方再生でも注目されている鯖江の街づくりブランディングについて紹介します。 めがねのまちさばえが掲げる街づくり 鯖江のまちづくり コミニケーションブランディング そもそもなぜブランディングが重要? 鯖…

鯖江メガネの加工先の特徴

ものづくり仕事には職人さんが必要 今回は、ものづくりの会社や職人にはそれぞれ特徴があるという紹介です。ものづくりを初めるには加工先さんのクセ、特徴に分けて仕事を振り分けると効率がいいです。 ものづくり仕事には職人さんが必要 ものづくり仕事のス…

ものづくり仕事の新しい仕事(発見)の見つけ方

ものづくり仕事において新しいビジネスを作ることは大変 今回は、ものづくり仕事のビジネスの種になるような話を紹介します。何気ない日常に新たなビジネスが眠っていることが多々あります。意識を変えるだけでビジネスが生まれるかも? ものづくり仕事にお…

福井・鯖江の伝統工芸・越前漆器のこれから

福井県には7つの国指定の伝統的工芸品(伝統工芸)があります。今回は、福井の伝統工芸の一つである越前漆器を紹介します。福井県鯖江市はメガネの産地でも有名だけど越前漆器も伝統工芸の漆器に世界では日本で一番古い歴史があります。

ものづくり仕事の現場を知るということ

今回は、ものづくりを通じてモノ(カバン)を買うまでの私の実体験を紹介します。人は高いお金を出してまで本物が欲しいと思う時があります。モノだけでなく体験したり共感することが今後ものづくりに従事している方々のヒントです。参考にしてもらえたら。。

モノづくり仕事の産地は厳しい状況

日本のモノづくり仕事は厳しい状況です acworksさんによる写真ACからの写真 時代の流れは各産地に影響を及ぼしているね。鯖江も、もちろん影響を受けているよ。リーマンショックからが特にヒドイ。今回はモノづくりの打開策を紹介します。 日本のモノづくり…

鯖江メガネ材料に使われる顔料と染料の違い

メガネの材料に使われる色にも種類があるんです 写真は顔料(色粉)市販で売られているCANONやEPSONなどのプリンターにも使われるインクにもある染料と顔料。その違いについて調べてみました。 実はメガネ材料セルロースアセテートにも使われています 分かり…

鯖江のメガネ材料、技術を使った靴べら

鯖江のメガネ材料、技術を使った靴べらが好評 鯖江のメガネ材料、技術を使った靴べらが好評 鯖江靴べらの材料はメガネの材料 商品になるまでの試作工程は? メガネのまち鯖江の靴べらキャラバン この鯖江靴べらはスゴイのです。初めてデザイン案見せてもらっ…

セルロイドは鯖江のメガネにも使われています

まず鯖江メガネに使われるプラスチック材料の違いについて まず鯖江メガネに使われるプラスチック材料の違いについて セルロイドを使ったセル枠とは・・・ セルロイドの始まり 危険なセルロイドから改良されたプラスチック メガネの材料セルロイド、セルロー…

鯖江の金属メガネの作り方とは?

鯖江の金属メガネについて書いてみました こちらメガネはは9999(フォーナインズ様)特徴である逆Rヒンジを使ったメガネ。ベータチタンのバネ性を利用しメガネへの衝撃を吸収し掛け心地を良くしている。 鯖江の金属メガネについて書いてみました 鯖江のチタ…

めがねのまち鯖江について調べてみた

福井県にあるメガネのまち鯖江知ってますか? レッサーパンダもいる鯖江市民の憩いの場、西山公園 福井県にあるメガネのまち鯖江知ってますか? めがねのまちさばえ ここからは鯖江のメガネ業界の豆知識 鯖江のメガネも変換期? 鯖江のデータ 福井人口:769,…

鯖江の眼鏡はなぜ分業制なのか

1社で作ればいいのになぜ鯖江のメガネは分業制になっていったのか?? 1社で作ればいいのになぜ鯖江のメガネは分業制になっていったのか?? 鯖江のメガネも車のように全自動ですればよいのではないか? めがねのまち鯖江市役所のHPより分業制についての記…

メガネのまち鯖江で使われる資材について書いてみた

鯖江のメガネ業界で使われる資材があります 業界内で仕事をしやすいように、効率的にするために先人たちが日々改善してきました。その中でメガネのパーツを運搬する時に使われる資材も改善されてきました。今回は業界ならではの情報を書いてみます。先に登場…

鯖江耳かきを一緒に開発していただいた社長が本を出版されました。

デザイン会社側視点での鯖江耳かき開発事例 デザイン会社側視点での鯖江耳かき開発事例 『小さな企業が生き残る』 この本はクリエイターの方のために書いた本ではありません。 金谷社長プロフィール 『小さな企業が生き残る』 会社の売り上げを5年で売り上…

モノづくり関係者必見!鯖江ミミカキ誕生の秘話

鯖江の材料商社を変えた鯖江耳かきのお話です モノづくり仕事に携わっている方は是非参考にしてください。少しでもあなたのビジネスのヒントになればと願っています。 鯖江の材料商社を変えた鯖江耳かきのお話です リーマンショックから新規事業の立ち上げ …

鯖江のメガネにも使われるチタン板について

薄くて丈夫な金属メガネが流行っていました 最近このような写真のメガネよく見かけませんか?実は、金属の板をプレス機でメガネの形に抜いて作られているんです。メガネのまち鯖江の業界用語で抜き枠と言います。今回は抜き枠に使われるチタン板を紹介します…

鯖江メガネの材料セルロースアセテートの作り方

プラスチック枠の多くを占める材料って知っていますか? 私たちが普段使っているアクリルとかポリエステルとかどこにでもあるプラスチックなんじゃないの?実は原材料は綿花で自然由来樹脂なんです。その名はセルロースアセテート今回はそのメガネ材料である…

日本でセルロイドを扱う会社「ダイセル」

眼鏡にも使われるセルロイドを扱う会社知ってますか? 前回、世界初のプラスチックセルロイドの話をしました。 www.yumakumamoto.work 眼鏡にも使われるセルロイドを扱う会社知ってますか? 眼鏡にも使われるセルロイドの原材料は? メガネ業界とセルロイド…

鯖江のメガネは板から作られているの知っていましたか?

鯖江のメガネって最初はどんな形状でしょう? めがねは板から作られている画像を探していたらお客さんであるマコト眼鏡様のポスターが良い見本でした。 鯖江のメガネって最初はどんな形状でしょう? 鯖江プラスチックメガネの製造工程 メガネのまち鯖江で使…

グニャグニャ眼鏡ウルテム、TR90の違いって?

どんなメガネをかけていますか? どんなメガネをかけていますか? 柔らかいメガネ素材の材料特徴 柔らかい眼鏡・ウルテムが売れたきっかけ 柔らかい眼鏡ウルテムとTR90の値段の違い 柔らかい素材のメガネとは・・・踏んでも壊れないというようなメガネがあり…

鯖江のメガネ工具は手作りが多い?

いきなりですがこれなんでしょう? 実は、プラスチックメガネのテンプル製造に使われます。アセチの尖ったカドを落としたり、キズを落としたりするものです。(下記写真参照)削るというよりか、削ぎ落とすという感覚が近いです。周りのゴミみたいなものは削…

メガネストリートオープン

メガネストリートがオープンしました 6月10日メガネーランド構想第二弾「メガネストリート」がオープンしました。 ”めがねのまちさばえ”をメガネを使ったテーマパークにしたいと プレゼンして1年半あまりで二つ目の夢が叶いました。 《メガネーランド構想や…

京都精華大学と鯖江丹南高校と特別授業

毎年恒例らしい鯖江・丹南高校のワークショプ。今年は精華大学のメガネ学部から教授と担当者と私が呼ばれました。 みんな真剣にプロダクトデザインについての話を聞いています。 そして、メガネの材料の「セルロースアセテート」を使ったワークショップ。 こ…

セルロースアセテートの今昔物語

セル枠と言われるプラスチックメガネに使われる材料の多くは「セルロースアセテート」と言って綿花由来の樹脂。 先日倉庫整理をしていたら出てきた珍しい材料が。。。 10年前くらいに作られたセルロースアセテート。厳密に言えば「貼り合わせ」と言ってベ…