福井・鯖江のメガネと伝統工芸を次世代に!

このブログは伝統工芸やモノづくりに携わる方、支援している方に読んで欲しいです。鯖江のメガネ材料屋が5年で売り上げ約12倍に売場開拓した経験が少しでもモノづくりに携わる方々のヒントになればと思っております。

ビジネスパートナーとは

ビジネスパートナーとは 今回は、ビジネスをするにあたって重要なパートナーについてお話しします。自分1人でできるビジネスもありますが、右腕、左腕となるパートナーがいればビジネスは加速しますよね。 ビジネスパートナーとは ビジネスについて考えさせ…

商品の販売促進には額縁が有効

商品陳列には額縁が有効です。 今回は、賞状を入れる額縁の意外な使い方を紹介します。商品はできたけど、どう商品陳列したらいいんだろう。そんなお悩みの方のヒントになれば。 商品陳列には額縁が有効です。 額縁は賞状を入れるだけでは勿体無い 額縁の種…

伝統工芸は流通も伝統工芸

伝統工芸品が私たちの手元に届くまで 伝統工芸品が私たちの手元に届くまで 伝統工芸品の市場は古い流通体質が根付いている 古い業界は古い流通から抜け出せれない 伝統工芸の問屋も変わることができない 伝統工芸問屋が機能が発揮できていないなら 伝統工芸…

ものづくり仕事におけるマーケティングとは

ものづくり仕事において一番難しいのは売る事 今回は15年ものづくり仕事に携わった私の経験談を紹介します。 ものづくり仕事において一番難しいのは売る事 ものづくり仕事におけるマーケティングとは ものづくり仕事における強みの見つけ方 ものづくり仕事は…

百貨店の催事販売とは

販路開拓にデパートの催事販売は有効? 今回は、販路開拓に有効な百貨店の催事販売について紹介します。 販路開拓にデパートの催事販売は有効? 百貨店の催事販売とは? 百貨店の催事販売に参加しました 百貨店の催事販売の目的は利益追求するだけでない 百…

鯖江メガネの加工先の特徴

ものづくり仕事には職人さんが必要 今回は、ものづくりの会社や職人にはそれぞれ特徴があるという紹介です。ものづくりを初めるには加工先さんのクセ、特徴に分けて仕事を振り分けると効率がいいです。 ものづくり仕事には職人さんが必要 ものづくり仕事のス…

ものづくり仕事の新しい仕事(発見)の見つけ方

ものづくり仕事において新しいビジネスを作ることは大変 今回は、ものづくり仕事のビジネスの種になるような話を紹介します。何気ない日常に新たなビジネスが眠っていることが多々あります。意識を変えるだけでビジネスが生まれるかも? ものづくり仕事にお…

ものづくり関係者必見。ものづくり仕事は素晴らしい。

製造業など、ものづくりの仕事は素晴らしい事 今回は、物を作れる仕事はすごい!ということを紹介します。 製造業など、ものづくりの仕事は素晴らしい事 ものづくりの仕事の現状は厳しい ものづくり仕事の外部協力者には工場見学を 消費者は、ものづくり仕事…

かばんの街があります。それは兵庫県豊岡市

カバンの産地・兵庫県豊岡市 兵庫県というと神戸というイメージが強いですが、日本海側にはコウノトリで有名な豊岡市という市があります。 カバンの産地・兵庫県豊岡市 豊岡のカバンの歴史は奈良時代から 豊岡にはカバンストリートがある 豊岡出身の世界的カ…

福井7人の工芸サムライ・福井の伝統工芸若手職人グループ

今回は、福井にある国指定の伝統工芸若手職人を集めた有志団体の紹介をします。 大量生産、大量消費の現代社会に抗う姿勢が幕末のサムライと姿を被せたネーミングにしました。その名も「福井7人の工芸サムライ」

福井・鯖江の伝統工芸・越前漆器のこれから

福井県には7つの国指定の伝統的工芸品(伝統工芸)があります。今回は、福井の伝統工芸の一つである越前漆器を紹介します。福井県鯖江市はメガネの産地でも有名だけど越前漆器も伝統工芸の漆器に世界では日本で一番古い歴史があります。

ものづくり仕事の現場を知るということ

今回は、ものづくりを通じてモノ(カバン)を買うまでの私の実体験を紹介します。人は高いお金を出してまで本物が欲しいと思う時があります。モノだけでなく体験したり共感することが今後ものづくりに従事している方々のヒントです。参考にしてもらえたら。。

藤巻百貨店様と出会って人生が変わった話

日本を元気に!日本のモノづくりを紹介する藤巻百貨店 今回は、ネット界の百貨店「藤巻百貨店」とのお話を紹介します。 2014/03/16の記事をリライト 藤巻百貨店とは 会員登録者数は現在約10万人 メルマガ購読者数10万人 公式Facebookも“24万いいね!を突破。…

モノづくり仕事の産地は厳しい状況

日本のモノづくり仕事は厳しい状況です acworksさんによる写真ACからの写真 時代の流れは各産地に影響を及ぼしているね。鯖江も、もちろん影響を受けているよ。リーマンショックからが特にヒドイ。今回はモノづくりの打開策を紹介します。 日本のモノづくり…

鯖江メガネ材料に使われる顔料と染料の違い

メガネの材料に使われる色にも種類があるんです 写真は顔料(色粉)市販で売られているCANONやEPSONなどのプリンターにも使われるインクにもある染料と顔料。その違いについて調べてみました。 実はメガネ材料セルロースアセテートにも使われています 分かり…

鯖江のメガネ材料、技術を使った靴べら

鯖江のメガネ材料、技術を使った靴べらが好評 鯖江のメガネ材料、技術を使った靴べらが好評 鯖江靴べらの材料はメガネの材料 商品になるまでの試作工程は? メガネのまち鯖江の靴べらキャラバン この鯖江靴べらはスゴイのです。初めてデザイン案見せてもらっ…

メガネのまち鯖江で活動する「鯖江ギフト組」とは

鯖江ギフト組とは? 2009年に発足したメガネのまち鯖江の眼鏡パーツメーカーから成る有志団体です。 イタリア、中国と並んで、世界3大メガネ産地のひとつに数えられる福井県[鯖江市]で、メガネづくりが始まったのは1905年6月1日のこと。1つのメガネを…

鯖江の眼鏡はなぜ分業制なのか

1社で作ればいいのになぜ鯖江のメガネは分業制になっていったのか?? 1社で作ればいいのになぜ鯖江のメガネは分業制になっていったのか?? 鯖江のメガネも車のように全自動ですればよいのではないか? めがねのまち鯖江市役所のHPより分業制についての記…

メガネのまち鯖江で使われる資材について書いてみた

鯖江のメガネ業界で使われる資材があります 業界内で仕事をしやすいように、効率的にするために先人たちが日々改善してきました。その中でメガネのパーツを運搬する時に使われる資材も改善されてきました。今回は業界ならではの情報を書いてみます。先に登場…

鯖江耳かきを一緒に開発していただいた社長が本を出版されました。

デザイン会社側視点での鯖江耳かき開発事例 デザイン会社側視点での鯖江耳かき開発事例 『小さな企業が生き残る』 この本はクリエイターの方のために書いた本ではありません。 金谷社長プロフィール 『小さな企業が生き残る』 会社の売り上げを5年で売り上…

モノづくり関係者必見!鯖江ミミカキ誕生の秘話

鯖江の材料商社を変えた鯖江耳かきのお話です モノづくり仕事に携わっている方は是非参考にしてください。少しでもあなたのビジネスのヒントになればと願っています。 鯖江の材料商社を変えた鯖江耳かきのお話です リーマンショックから新規事業の立ち上げ …

鯖江のメガネに使われるプラスチックの大きさ?

鯖江のメガネに使われるプラスチックのサイズ知ってます? プラスチックのことを鯖江の業界用語で生地(きじ)といいます。イタリアに1849年創業の老舗のプラスチック工場があります。その工場の名前はマツケリーと言います。マツケリーで作られる生地サイズ…

日本でセルロイドを扱う会社「ダイセル」

眼鏡にも使われるセルロイドを扱う会社知ってますか? 前回、世界初のプラスチックセルロイドの話をしました。 www.yumakumamoto.work 眼鏡にも使われるセルロイドを扱う会社知ってますか? 眼鏡にも使われるセルロイドの原材料は? メガネ業界とセルロイド…

鯖江のメガネ工具は手作りが多い?

いきなりですがこれなんでしょう? 実は、プラスチックメガネのテンプル製造に使われます。アセチの尖ったカドを落としたり、キズを落としたりするものです。(下記写真参照)削るというよりか、削ぎ落とすという感覚が近いです。周りのゴミみたいなものは削…

〈福井7人の工芸サムライ〉職人の伝統技術を売る!

ますますモノが売れなくなっている時代。百貨店も厳しい www.nikkan-gendai.com 「モノを売る」から「伝統技術を売る」 モノを売る以外に商売になる方法を考えた時、 私たちは伝統工芸士という国から認められた技術があるのだと。 毎日、毎日何十年と鍛錬さ…

本物をビジネスに。ふるさとチョイスに越前漆器の名刺入れを掲載。

鯖江耳かきを一緒に開発したセメントプロデュースデザインさんと 福井7人の工芸サムライのメンバーでもある土直漆器さん 僕がお世話になっている2社がタッグを組んで商品を作りました。 ふるさとチョイス 僕も実際に使っているのですがどこに行ってもいい…

観葉植物職人×越前焼職人 との想いをカタチに。〈福井7人の工芸サムライ〉

職人の想いを・・・ 開花園さま と越前焼 泉直樹さんと オール福井で職人の想いが届けばと、 器をオリジナルで制作しています。 私は職人たちを仲介したのですが、 一流の職人同士、意気投合しスムーズに 製品化まで進みました。 こうやってお互いの特徴を活…

「売場開拓」の講演を大阪商工会議所で

10/17日 大阪大阪商工会議所さまで「売場開拓」をテーマにしたお話しをさせていただきました。10年以上チャレンジしてきた「売場開拓」歴史を振り返り改めて 辛かったこと嬉しかった事など振り返るよい機会でした。 最終的にはやってきて良かったなと思える…

卓球のラケットをアセチ(メガネの材料)で作りました!

卓球のラケットをアセチ(メガネの材料)で作りました! よく弾むようです。

ANIMALE(アニマーレ)発表

2月になりましたのでANIMALE(アニマーレ)が解禁となりました。 カニの解禁みたい。笑 https://goo.gl/NTsdmv